水素水が効果なしと言われる理由

392475

水素水はアンチエイジングに良いとよく言われていますが、かたや効果なしとも言われています。
本当のところはどっちなのか気になると思いますが、効果なしと言われるには理由があるのです。

水素水は活性酸素を除去できるから身体に良いと言われていますが、水素分子は性質上人間の身体の中で酸素と結合するのは難しく、活性酸素を無害化する働きがあるという説明と矛盾しており、水素水の水素も約半数が体内に吸収されないと言われているからです。
それに加えて水素水の研究はまだこれからの段階であり、しっかりとした効果が分からないのです。
逆に水素水を飲み続けることで胃酸が中和されてしまうかもしれないといった話もあります。

これらの理由によって水素水は効果なしと言われています。
水素水と呼ばれる水は自然の中にはなく人間が生み出したものであり、それも現段階での研究ではまだ分からないことが多く、人間の身体の中では酸素と結びつくことが難しいと分かっていますので、効果があって必ず健康に良いとは言えないのです。
もちろん綺麗な水を飲む方が良いですし、身体に良い水と信じて飲んだ方が良い方向に働く可能性がありますが、科学的に見たらほとんど効果なしと言えるのです。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA