メタボリックシンドロームの改善について

,

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

メタボリックシンドロームの改善では、まず現在の体重の5%減量を目標とします。5%減量するだけでも、内臓脂肪を減らすことができ、高血圧や高血糖、脂質異常なども改善することができます。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪の蓄積により引き起こされます。溜まった内臓脂肪より放出される脂肪が増加することで脂質異常を起こし、内臓脂肪からアディポサイトカインの分泌異常をきたすようになります。その結果、血糖の増加や血圧上昇により、動脈硬化のリスクが高まります。
体重の5%減量は3ヶ月から半年かけて減量することを目標とします。標準体重まで無理せずともメタボリックシンドロームは改善できます。体重が80キロの人であれば、5%にあたる4キロを3ヶ月から半年で減量することが目標となるため、1ヶ月に1キロ減らすことができれば十分にメタボリックシンドロームの改善効果が期待できます。
脂肪を燃焼させるためには、ウォーキングや軽めのジョギング、アクアサイズなどの有酸素運動が適しています。食事制限で体重を減らそうとすると、体重だけでなく筋肉量や骨量まで減ってしまい基礎代謝が低下し太りやすくなります。そのため、食事制限よりも運動を習慣化するようにします。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA